工藤直一

工藤直一宝石のバイヤーだった父の目が不自由だったこともあり、代わりに幼少期から宝石を見ていた工藤氏。さまざまな宝石の相談を受けるうちに、2001年に日本宝石特許鑑定協会を設立。

国税局公売商材の価格評価や警察・裁判所で使用される鑑定報告書の作成も行う。
また、ニュース番組のコメンテーター、宝石番組の監修も務める。

工藤氏の人柄なら、ジュエリーのリフォームやデザイン、結婚指輪、宝石に関する相談、投資対象の宝石に至るまで任せられる。